タモリサクミの米粉はロマン


★最近はInstagramのほうが中心になってます⇒IDは『@39mix』

★お知らせ★

「基礎パンクラス/こだま酵母のミニ食パン」 ⇒満席(キャンセル待ち受付中)

■10月後半は出版イベントを企画中。直近2年の教室レッスン参加者に先行案内予定です


2017年09月18日

新刊のお知らせ『はじめてでもおいしく作れる 米粉のパウンドケーキ』


InstagramやFacebookですでに報告させていただきましたが、9月25日、新著が発売になります!

表紙はこんな感じで、

170918_book01.jpg

裏表紙が、

170918_book02.jpg

こんな感じ!
表紙の紙質がすごーーーーく素敵で、このノスタルジックな写真の雰囲気にぴったりで。
ついほおずりしてしまいます。

今回も、素晴らしいスタッフの方々が、携わってくださいました。
☆写真:安彦幸枝さん
☆スタイリング:曲田有子さん
☆デザイン:中村妙さん(文教図案室
☆取材:守屋かおるさん
☆編集:櫻岡美佳さん(マイナビ出版

どの方もはじめましての方だったので、撮影は非常に緊張しました。
そしておそらく、皆さんグルテンフリーでなおかつ卵も乳製品も使わないケーキというもの自体、今まで出会うことなかったんじゃないかなと…。
これまでのお仕事において、超超超有名な先生方の美味しすぎる絶品ケーキを食べてきた方々…。
そんな方々に、この小麦卵乳なしケーキ、どう思われるんだろうか…。
そんなことを考えると、また緊張感が増し増し!

しかし、そんな緊張した私を支えてくれたのが、今回アシスタントで手伝ってくれた友人(涙)。
彼女がいてくれたおかげで、精神的にとても救われました。

この本のレシピは、全〜〜〜部、18cmのパウンド型で作っています。
レシピ数は50!!
がんばりました〜〜〜!!!

実は、小麦卵乳なしパウンドケーキ、マフィンよりちょっと失敗しやすかったりします。
生地量が多いので、中心部の火どおりが悪い。
で、生地のゆるさや粘りの関係で、この火どおりが悪い部分のキメが粗くなったり、ねとついたりすることがありまして(生地によっては全く問題ないものもあるのですが)。
私も今回のレシピ作りでかなり苦労した部分です。
試作を重ねていく上で、予熱温度、焼成温度&時間を生地ごとに調整することで、これがかなり改善されることがわかりました。
スリムパウンド型や、ミニサイズのパウンド型の場合は、火どおりがよいので、マフィンのように気軽に一定の温度で焼いて大丈夫だと思いますが、18cmパウンド型、骨格や粘度が弱い小麦卵乳なし生地にとっては微妙なサイズでした。
もしかしたら、マフィンはうまくできるのに、パウンド型で焼くとうまくいかない〜って悩んでいた方に、今回の本が解決のヒントになるかもしれません(#^^#)

とにもかくにも、「米粉ははじめて!という方から、オリジナルアレンジの幅を広げたい!という上級者の方まで満足していただける」よう、工夫しました。
どうぞ、お楽しみに!!!


ということで。
10月後半の教室ですが、今回の出版を記念して、イベントをしようかなと思っています。
本のレシピの中から、2品程をデモンストレーション。
ケーキを焼いてる間にティータイム試食会をして、焼けたケーキはお土産。
という内容で考えています。

日程が少なく席があまり多くないので、まずは、直近2年間(2015/9/1〜2017/9/15)に教室のレッスン(イベントは除く)を受けて頂いた方に今週中にメールで先行案内する予定です。
※もし、メールアドレス変更しました!という方いらっしゃいましたら、早めに連絡ください!



▼楽天ブックス予約受付中!▼



▼アマゾンでは、現在トラブルにより予約できない状況です(泣)▼


▼フライパンでパンもおやつも!▼


▼マフィン、クッキー、スコーン、タルトなどの焼菓子たくさん!▼




posted by 多森 at 22:57| Comment(1) | 著書について

2017年08月21日

2017年度基礎パンクラス「こだま酵母のミニ米粉食パン」ご案内


夏休みしっかりいただいてリフレッシュさせてもらっておりますタモリですこんにちは。
息子が小6で、来年からは部活だの塾だのでもう親子で過ごす夏休みも終わりか〜〜〜と思いまして、この夏、教室は完全オフとなっておりますが、おかげで悔いのない夏休みになりそうです。

ちょこちょこと自宅での作業はしておりまして、そちらはただいま最終段階の作業ですが、
今月中にはそちらのニュースもお伝えできると思います!!どうぞお楽しみに!!

ということで改めまして。
9月の教室レッスンのお知らせです!!
2017年度の基礎パンクラス、

「こだま酵母のミニ米粉食パン」&「米粉パンでつくる黒糖かりんとう」

のご案内です。
昨年のレッスンから、1年以上経ってしましました。
お待ちいただいていた方、大変お待たせいたしました!!

2017年8月27日(日)21:00〜 先着順にて、予約受付させていただきます(※開始時間前のフライングメールは無効になるのでご注意ください)。
いつもは午前中の受付開始ですが、今回は夜の21:00開始ですので、お間違いのないよう、よろしくお願いいたします。

かわいい小ぶりなふんわり食パン。
米粉、酵母、砂糖、塩、油のみのシンプルな材料で、できるだけ初心者の方でも失敗なく簡単にふんわり焼きあげるコツをお伝えします。
1人1本焼きます。
多森がこのサイズにこだわって食パンを焼く理由も、当日お話させていただきます(*^_^*)

140429_shokupan4.jpg
(写真は昔のレッスンで焼いていたもので、現在はミズホチカラ米粉で焼いていますのでボリューム感が写真とは異なります。近日差し替えます!!)

レッスンでは「こだま酵母」を使いますが、一般的なインスタントドライイーストで作るレシピももちろんお伝えします。

※10月開催予定の、数日間やわらかさが続く、新製法「高加水ゆるふわ米粉パン」のレッスンは、この基本の米粉食パンのレッスンを受けた方が受講可能です(クオカスタジオや地方等の多森の出張レッスンで、基本の米粉食パンを受講された方も対象です)。
※今回、この基本の米粉食パンの予約をお取りいただいた方は、高加水米粉パンのレッスンの予約お申込み可能です(予約受付開始は9月中旬の予定です)。


レッスンの中では、合わせて「プチパン」の作り方もご紹介します。
こちらは実習もデモもなしでレシピのみのお渡しになりますが、作り方はほぼミニ食パンと同じなのでご安心ください。
プチパンは「あんぱん」などにもアレンジ可能な便利なレシピです。
できたてを冷凍しておけば、朝そのまま子供に持たせておけば自然解凍でふんわり。
お弁当用のパンにもおすすめです。

140920_Tokachino05.jpg

レッスンで作ったパンはお持ち帰りです。
試食では、こちらで用意したパンをお召し上がりいただきます。
こんな感じで、焼き野菜をのせてかわいいオープンサンドにします。
(※のってる野菜は季節によって変わります)

140507_OpenSand.jpg

また、お問合わせの多い、
「ドッグパン」と「バーガー用バンズ」
の作り方も紹介します。
こちらもレシピのみのお渡しになりますが、ミニ食パンの作り方をマスターすれば簡単に作れるレシピになっています。
下の写真のように具をはさむと、まるでグルテンフリーとは思えない、もちろん、味も食感もばっちり!!おいしいグルテンフリー米粉パンです!

150715_Bans3.jpg

150401_YakisobaPan1.jpg

そしてもう1品。
発酵の時間を利用して、米粉パンを使った簡単おやつ、オーガニックのココナツオイルを贅沢に使用した
「黒糖かりんとう」
を作ります。

150110_karinto01.jpg

食べ始めると止まらなくなってしまう、おいしいカリカリかりんとう。
時間が経って固くなってしまったパンのリメイクにもおすすめです。

◆受講料:
6,500円(当日お持ちください)
3才以上のお子様連れの場合、500円追加

キャンセルの場合、下記キャンセル料が発生します。
レッスン3日前まで⇒0%
レッスン2日前〜前日⇒50%
レッスン当日⇒100%

※キャンセル料返金サービスあり!
あれこれでのタモリレッスンを次回受講頂いた場合、お支払い頂いたキャンセル料分、その日のレッスン料より差し引かせて頂きます(有効期限1年)。


◆申し込み方法:
2017年8月27日(日)21:00〜 受付開始

・ご希望の日程(複数日書いて頂くと満席の場合に調整でき助かります)
・お名前
・電話番号
・お子様連れの場合はお子様のお名前と年齢
・小麦・卵・乳製品以外に食べられないものがある場合はその食品名

以上を明記の上、
info★komeko100.com(★を@に代えてお送り下さい)
宛てにメールでお申し込み下さい。

※携帯からのメールで迷惑メール設定をしている場合は、komeko100.comドメインの受け取りを許可しておいてください。 ※携帯会社によっては受け取り許可していても届かないことがあるようです。他のメールアドレスもメッセージ内に書いて頂ければ、両方のアドレス宛に返信メールをお送りいたします。

2日以内にお返事を心がけております。それ以上たっても返事がない場合はメッセージが届いてないか、入力されたメールアドレスが間違っていた、迷惑メールと判断されて受信拒否された等の可能性があります。再度連絡頂くか、別のメールアドレスから連絡いただく、またはFacebookのメッセージ機能をご利用頂いても構いません。多森のFacebookページは、http://facebook.com/komepan です!

◆日程:
9/20(水)10:30-13:00
9/21(木)10:30-13:00
9/24(日)10:30-13:00
9/24(日)15:30-18:00
9/27(水)10:30-13:00
9/28(木)10:30-13:00
10/1(日)10:30-13:00
10/1(日)15:30-18:00
10/4(水)10:30-13:00
10/5(木)10:30-13:00

予約状況は、⇒こちらをご覧ください。

◆場所:アクセス方法はこちら

◆持ち物:筆記用具、エプロン、スリッパ、手ふき用タオル、お持ち帰り用の手提げ袋


【今後のパンクラス予定】
■2017年10月:応用パンクラス1「高加水ゆるふわ米粉パン&米粉のシナモンロール(風)」 ※受講資格:「こだま酵母のミニ食パン」の多森レッスンを受けた方。多森の出張レッスンで「基本の米粉食パン」を受けた方。
■2017年冬:「小麦・卵・乳不使用の、低糖質のパン」 ⇒絶賛試作中。
■2018年1月頃:基礎パンクラス「ふんわり炊飯器米粉パン&卵・牛乳なしのフレンチトースト」
※仮の予定です。なにぶん先の話なので、変更の場合もあります。

【ご予約時注意事項】
■レッスンは全て小麦・卵・乳製品不使用をモットーにしていますが、使用する食材によっては、製造ラインでそれらを扱っているものもあります。また、前日に講師自宅にて仕込みをしたものもお出しします。自宅では卵、乳製品、小麦製品も使っており、完全な除去環境とは言えません。重度のアレルギー症状のある方はくれぐれも上記理解の上、万が一召し上がる場合は医師に相談の上少量ずつお試し頂くようお願いいたします。
■食事やおやつを持ち込みの場合は小麦、卵、乳製品不使用のもの(コンタミは可)でお願いいたします。


▼多森最新刊です。


▼オーブンで焼くグルテンフリー菓子の本も好評です!▼







2017年07月20日

フライパン米粉パン&蒸しパンのグラシンカップの件


7月のプライベートレッスン週間も終了し、教室は夏休みに入りました多森ですこんばんは。
ご好評いただいていますフライパン本
今日はそちらで使用している、「グラシンカップ」についての補足です!

170714_paper6.jpg

上の写真のように、本では3パターン紹介しています。

一般的に手に入りやすいのは、左のサイズです。深さは30mm
蒸しパンの場合は、このサイズで作ったほうが、グラシン紙から膨らみがはみ出た感じになって、ビジュアル的にかわいくておすすめです。こんな感じ↓




私はいつも100円ショップのセリアで買ってます。これ↓

170714_paper8.jpg

いっぽう、「発酵させて」焼いたり蒸したりするパンの場合。
型の上から8mmくらいまで発酵させる必要があるため、深いグラシンカップにしないと、グラシン紙からはみ出た生地が型にくっついてしまうわけですね。
なので、型全体を覆う深いサイズのものを使います。深さは40mm
こちらのカップは通販で買ってます。これ↓




とはいっても、わざわざこれを買うために、通販で送料払うのもあれですよね。
ということで、ない場合は簡単に手作りできます ので、ご安心ください!
作り方を、順を追って説明します。

1707120_paper1.jpg

型の深さに合わせて(だいたいでOK)、クッキングシートを正方形にカットします。

1707120_paper1.jpg

四角を2回折って、おりすじをつけます。

1707120_paper1.jpg

真ん中に型を置いて、型のとこまでハサミで切り込みを入れます。

1707120_paper1.jpg

こんな感じ。

1707120_paper1.jpg

型に入れます。
オーブンで焼く場合はここで終了でオッケーですが、フライパンの場合はひっくり返して焼き目をつけるので、型からはみ出た紙は邪魔です。

1707120_paper1.jpg

はみ出たところをカットしたら完成!!

本の中の「クリームパン」は、この手作りカップで作ってます。
側面にグラシンカップ特有の波跡が残らないので、つるん!とした側面にしたい場合はむしろ手作りのほうがいいですね。

ところで、蒸しパンやパンを作ると、紙にくっついて生地がごっそり持っていかれちゃう!!という方、もしかしていらっしゃいませんか?
自分の腕が悪いからだ…なんて勘違いをされる人もいますが、違いますよー!!

グラシンカップを選ぶ時も、クッキングシートを選ぶ時も、必ず、

「シリコン樹脂」加工

がしてあるものを選んでください。
くっついちゃうのは、その加工がしてないだけです!!

グラシンカップの場合はこんな感じで書いてあったり↓。

170714_paper9.jpg

クッキングシートの場合は、たぶんほとんど加工されてると思いますが、

170714_paper10.jpg

念のため、こんな感じで書いてあるか確認すると安心ですね↓

170714_paper11.jpg

米粉のパンや蒸しパンは特に、生地離れが良いものを使わないとごっそりと持っていかれてしまうので、是非シリコン加工済のものを使ってください。

170714_paper7.jpg


▼そんな多森のフライパン本、好評発売中!


▼オーブンで焼くグルテンフリー菓子の本も好評です!▼







posted by 多森 at 00:49| Comment(0) | 著書について