タモリサクミの米粉はロマン



★通販専門ベーカリーをオープンしました⇒米粉と雑穀粉のパン「オーマイブレッド!!」
★最近はInstagramのほうが中心になってます⇒IDは『@39mix』
★多森サクミホームページは ⇒こちら

★お知らせ★

■教室レッスン及びオンラインレッスンは当面再開予定ありません。

■「かるふわ米粉食パン レシピ使用免許取得者」の方をこちらで紹介しています

『発酵なし!超簡単な「グルテンフリーピザ生地」とそのアレンジ』インスタライブ⇒見逃し配信はこちら
『ちくわとねぎモリモリのお好み焼き米粉パン』インスタライブ⇒見逃し配信はこちら

「料理の本棚 by 立東舎」YouTubeチャンネルにて「フライパンでできる米粉のパンとおやつ」から、レシピ動画が6本公開されています。⇒ 料理の本棚 by 立東舎チャンネルへ。


2014年12月28日

こどもにクリスマスケーキを任せてみたら、こうなった


子供の冬休みに合わせてしっかり冬休みを頂き中ですタモリですこんばんは。

クリスマスも終わりました。
Facebookみてると、色んな方のクリスマスの実況レポなどでにぎわっておりましたねー。
中にはおいしそうなケーキの写真もちらほら。

米粉のパンとお菓子の教室なんてやってる私なので、それはそれはおいしいケーキを作って、鶏の丸焼きやらワインやら、こじゃれたクリスマスパーリーなんてしちゃったりしてるんじゃないかと思われているかもしれませんが。

ないですねー。そんなことしたことが。

クリスマスケーキとか、気合入れて作るべきなのでしょうが、どうも休みモードに入ると全くやる気がおきず・・・。
そんな私のやる気のなさを察してか、息子(小3)が、今年はケーキは俺にまかせろ。
みたいなことを言ってきたので、本気で任せてみました。

任せたと言っても、あれしろこれしろと指示はしてきたので、それには従いました。
買い物から、シェフ息子の指示どおりに動いてみました。

スポンジ台は作れ、と言ってきたので、せっかくだから実験させてくれと頼み、安納芋の焼き芋ペーストとアーモンドプードル、知人がテストしてほしいと送ってきた米粉やらを使ってスポンジ台にトライ。
ところが、焼きあがってみたら恐ろしいぐらいのまっずい代物が。
速攻シェフから却下が出され、作り直しです。

しかし、もう時間がありません。
夕飯のパーリータイムまであとちょっと。
パンケーキで許してくれと頼んでも、それじゃあケーキじゃないじゃないかと、師匠からの許しが出ません。

じゃあ、これはどうよ、とフライパンでスポンジ台を作る案を提案。

141225_XmasCake1.jpg

牛乳パックをつないで、直径15cm、高さ3.5cmのリングを作り、これならケーキが焼けますぜ、大将、と交渉したところやっと許可が。

といっても、こんな手抜き大技、実はやったことないのですが。

過去に、直径小さい極厚パンケーキ

130902_MiniCake3.jpg


はできたので、
少々直径大きくなってもできるだろうと、いちかばちかの勝負です。

生地は、レッスンでやった「炒りぬかパンケーキ」の生地を使いました。
炒りぬか入りの生地は、なんといっても食感が軽い。
しかも、生徒さんから、
「冷蔵庫に入れて翌朝になっても固くなりませんでしたよー」
との情報もありましたので、もしかしたらいけるんじゃないかという希望もありました。

型の8分目くらいまで生地を入れて焼いたところ、ぶくぶく型から生地があふれて大変なことになりましたが、あふれた部分を取り除けば、無事にスポンジ台らしきものができました。
(型の6分目くらいにしとけば、ちょうど良かったかもしれません)

焼き目の部分は冷めると固くなるのでスライスして取り除き、上下2枚にスライス。
シロップを塗って生クリームを挟み、全体にもクリーム。
高さは低いですが、なんとかケーキの土台らしきものができました。
(うちは乳OKでして、生クリーム使用です)

141225_XmasCake4.jpg

ここまでが息子に指示されたことで、ここからはこどもたちの作業です。

「タワーにする!!」とのことで、バナナとマシュマロを並べ。
溶かしたチョコを塗るこどもら。

141225_XmasCake6.jpg

おそらく、東京タワー的なものをイメージしているんでしょう。

141225_XmasCake7.jpg

2段目をのせましたが。
3段目をのせたところで、わらわらと崩れ、方向転換。

結果、このようなものが出来上がりました。

141225_XmasCake5.jpg

タワーじゃなくなりましたが。
本人たちは満足したもようです。

ハートの飾りは昔のレッスンの残り物です。
あまりにも殺伐としていたので、レッスンの残り物のミントの葉とともに、飾らせてもらいました。

お料理教室の先生のご自宅のクリスマスケーキがこんなんでいいんでしょうかと思いつつ、いやいや、食育ですよ、食育!!と自分に言い聞かせるイブでした。

見た目はさておき、スポンジ台ですが、冷蔵庫に一晩保存して翌日の朝。

141225_XmasCake3.jpg

なんと、固くないし、パサついてもいませんでした!!
しっとりしてるー。
ねっとりもしてなーい。

141225_XmasCake2.jpg

炒りぬかパワーやる〜〜〜う!!!

しかし、娘(小1)は
「もっとふわんふわんのケーキがよかった・・・」
と言って、スポンジは1口食べただけで、マシュマロとバナナしか食べず。
やっぱり違和感があったようです。

うちの子供達、実はデコレーションケーキはもともとあまり好きじゃないのですが、ココナッツドリームのチョコケーキはおいしい!と言って食べたという実績がありまして。
卵使ったシフォンケーキにクリーム塗ったのもモリモリ食べたこともあるし、おいしいものならちゃんと食べてくれるわけで。
子供の舌は正直ですね。

でも、手抜きしたい方には、炒りぬかパンケーキ生地のスポンジ、食感的には結構おすすめかなと思うのですが。
今回の件で、小麦・卵・乳なしで、軽い食感&「小学校低学年の子供もちゃんと食べてくれる」(←これが実は難易度高い)スポンジ台、作ってみたくなりました。


1〜2月の通常レッスン、
「即席簡単米粉肉まん」
「米粉のグリッシーニ」
「ココナツミルクと甘酒のジェラート」

2月12日に1席のみ、空きがあります。

◆大好評でしたつぐみん先生のお味噌講座。
今度は味噌ではなく、「麹」をテーマに、2月に講座の開催が決定しました!
取り急ぎ、日程のみ決まっております。
2/11(祝)
2/22(日)
2/25(水)
の3日間です!
詳しい内容はこれからになりますが、ご希望の方は先行してご予約受け付けますので、
info★komeko100.com
(★を@に代えて、メールください)
まで連絡下さい。






posted by 多森 at 23:52| Comment(0) | 試作&実験レポート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

【多森サクミの著書】

増補改訂版としてリニューアル!
炊飯器はもちろんオーブンやフライパンでも焼けます



オール発酵なしの米粉パン!


小麦・卵・乳製品なしのパウンドケーキがいっぱい!


フライパンでパンもおやつも!


⇒ その他の多森の著書