タモリサクミの米粉はロマン



★最近はInstagramのほうが中心になってます⇒IDは『@39mix』
★多森サクミホームページは ⇒こちら
★教室レッスンについて:内容や日程が決まりましたら、その都度、このブログ、及びInstagramFacebookページにて、事前に告知しています。コース等はなく単発のレッスンとなっております。また、基礎レッスンは現在お休み中です。

★お知らせ★

■noteはじめました!!⇒多森noteへ

11月追加レッスン決定『極ふわ一斤米粉パン』全日程満席/キャンセル待ち受付中。⇒レッスン詳細はこちら
9〜10月レッスン『極ふわ一斤米粉パン』全日程満席/キャンセル待ち受付中。⇒レッスン詳細はこちら

■糀キッチン香坂先生の発酵教室ご案内
10/5(土)『手作り柚子胡椒教室』
11/2(土)『スペシャルな麹教室〜甘酒・塩麹・醤油麹教室』

⇒詳細はこちら

「参田家のおうち手帖」サイトにて、豆と塩だけのノンフライチップス「PonCrisp」を使ったレシピの提案をさせていただきました。⇒ 参田家サイトへ。
NHKワールドにて米粉レシピを紹介。オンデマンド視聴リンク先などこちらから。


2012年11月18日

トマト丸ごと塩麹じんわり含め煮


121117_TomatoShiokoji2.jpg

レシピブログさんのモニターでいただきました、熊本トマト。
とても大きくて新鮮なトマトが20個も届きました。
くまモン印刷の段ボール箱になぜか狂喜乱舞の息子。

121117_TomatoShiokoji3.jpg

箱の中身はこのように大きなトマトがずらり。

121117_TomatoShiokoji4.jpg

これだけの量があれば、冒険的思いつき料理にもちゅうちょすることなくトライできます。
ありがたい。

はるか昔、とある和カフェで「トマトのおでん」を食べて感動して以来、家でも時々作るようになりました。
湯むきしたトマトを白だしベースの煮汁でさっと煮て、しばらく置いて味を含ませるのですが、我が家では盛りつけた器にバジルを添えるのが定番です。
スープは和風でも、バジルを添えるだけで一瞬にしてイタリアンっぽくなるし、なんせトマトとバジルという組み合わせがおいしくて。

いつもは市販の白だしで手抜き簡単スープで煮てますが、今回はだしパックで取っただしを使い、塩麹を加えたまろやかスープ仕立てにして、ベーコン巻きオクラとかぶも一緒に煮ました。
塩麹を入れるとスープの味に深みが出ますね。
マイルドな優しいスープに、びしっと来るトマトの酸味。
おもしろい一品になりました。

121117_TomatoShiokoji1.jpg

★トマト丸ごと塩麹じんわり含め煮★


【材料】2人分

トマト:2個
かぶ:2個
オクラ:4本
ベーコン:2枚
だし汁:900ml(だしパックで取りました。→これ
塩麹:大さじ2
薄口しょうゆ:小さじ1
バジル:2本


【作り方】

1、トマトは湯むきする。かぶは皮をむく。ベーコンを半分に切って4枚にしオクラに巻いて楊枝で止める。

2、鍋にだし汁、塩麹、薄口しょうゆ、かぶを入れフタをし、かぶが柔らかくなるまで弱火で煮る。

3、かぶが煮えたら、ベーコンを巻いたオクラ、湯むきしたトマトを入れ中火にし、煮立ったら弱火で1〜2分程度煮、火を止め、フタをしてそのまま冷めるまで置く。(しっかり冷めるまで放置する)

4、食べる直前に温め直し、お皿に盛りバジルを添える。好みでコショーを振る。


使う塩麹によって塩分の量が違うと思いますので、味が薄い場合は塩を足すなどしてください。
煮込んでしまうとトマトの形が崩れてしまうので、さっと煮て、あとは冷める過程で味を含ませるのがポイントです!

あらかじめ作っておけば、あとは食べる直前に温めて出せばOKなので、おもてなしにも活躍するメニューです〜。



トマトを使ったポカポカあったかレシピ
トマトを使ったポカポカあったかレシピ


posted by 多森 at 00:47| Comment(0) | その他レシピ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

【多森サクミの著書】

増補改訂版としてリニューアル!
炊飯器はもちろんオーブンやフライパンでも焼けます



オール発酵なしの米粉パン!


小麦・卵・乳製品なしのパウンドケーキがいっぱい!


フライパンでパンもおやつも!


⇒ その他の多森の著書