タモリサクミの米粉はロマン


★最近はInstagramのほうが中心になってます⇒IDは『@39mix』

★お知らせ★

■7/1(土)千葉の行徳で出張レッスンが決まりました。 ⇒満席になりました。 詳細は → こちら!

■7月前半と9月前半にプライベートレッスンします。⇒詳細はこちら。

■「基礎パンクラス」「応用パンクラス1」は秋頃を予定しています。クオカスタジオで「基本の米粉パン」のレッスンを受けた方は「応用パンクラス1」の申し込みが可能です。


2013年09月02日

フライパンで・ミニデコレーション米粉ケーキ


130902_MiniCake3.jpg

前回の記事で紹介しました「極厚パンケーキ」を、デコってケーキにしてみました。
スポンジ部分は極厚パンケーキの作り方そのままです。
ということは? そう!! スポンジ台がフライパンで焼けちゃう〜。

使った米粉は今回、群馬製粉の「リ・ファリーヌ」。

群馬製粉 リ・ファリーヌ(米粉)【1kg】

群馬製粉 リ・ファリーヌ(米粉)【1kg】
価格:809円(税込、送料別)



前回の日本のコメ粉同様に、ちゃんとふんわりできました!
上下の焼き目部分はパンケーキとして食べるにはサクッとしておいしいのですが、ケーキとして食す場合にはフォークで切りにくくなっちゃうので、お邪魔になっちゃいます。スライスして除きました。
残ったスポンジは横に2枚にスライスして、砂糖入れてホイップした生クリームをサンド(乳アレルギーの方は豆乳ホイップおすすめです)してデコレーションスタンバイ。
(あ、スライスはしっかり冷ましてから行いましょう!)

さて、今回は家にあったもので2パターンにしてみました。
1つは上部にもクリームをもりもりして、庭になってたブルーベリーをのっけた「ブルーベリーショートケーキ」。

130902_MiniCake2.jpg

えらい適当なクリームの絞り方でお恥ずかしい…。
先っちょが丸い口金で、ぷにゅ、ぷにゅ、ぷにゅ、ともりもりしただけです。

さて、もう1パターンは、「さつまいものモンブラン」。

130902_MiniCake1.jpg

さつまいもは普通にレンジでチンしてつぶして…でもいいと思うのですが、同じマッシュでも、焼き芋にすると甘みが増すんで、今回焼き芋を作ってマッシュにしました。
焼き芋っていっても、ホイルで包んでオーブンレンジの「焼き芋メニュー」で焼いただけなんですけれども(スーパーで焼き芋を売るシーズンになったら、それを買ってきてもOK!っす)。

温かいうちに皮を除いて裏ごしします。
あつあつのうちに皮剥くと水分が飛んでパサパサになっちゃうので、手で触って「あつっ!!!」ってならない程度の温度まで待つのがポイントです。

あとは好みで甘み+水分を追加して、絞りやすい状態に練り練りします。
今回はメープルシロップ、バニラエッセンス、無調整豆乳、塩少々、滑らかさを出すために菜種油も少量加えました。
えらい適当な感じですが、なかなかおいしいモンブランクリームとなりました。
(今回このクリームに子ども達、えらい食いついてました)

そんな感じでモンブランクリームできましたら、スタンバっていたクリームはさんだスポンジちゃんの上に、ひとさじもりっと生クリームをそっとのせまして、それを隠すようにモンブランクリームをぐりぐりっとデコりました。
モンブラン口金での絞り出しって、結構くせになる面白さですよね。
でもって、この口金で絞ったらとりあえず何でもモンブラン風になっちゃうんでね、恐るべしアイテムの一つですよね。



最後にに飾りにのせたのは、さつまいもの甘露煮。
冷凍で昔買っていたものです。
あとで、スポンジとスポンジの間にもはさめば良かったとちょっと後悔。
冷凍なんで、ちょこっと使いにとても便利です。



まあ別にてっぺんに何も飾らなくても充分モンブランですけれども。

かなり即席の思いつきクッキングだったので、もう少しきれいなデコレーションでまたリベンジしたいと思います。
スポンジは、すぐ食べる分には申し分のないやわらかさでした。
冷蔵庫に入れたら固くなってしまうかも…。
これも検証が必要ですね。






posted by 多森 at 13:52| Comment(0) | 米粉スイーツ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。