タモリサクミの米粉はロマン


★最近はInstagramのほうが中心になってます⇒IDは『@39mix』

★お知らせ★

「基礎パンクラス/こだま酵母のミニ食パン」 ⇒満席(キャンセル待ち受付中)

■10月後半は出版イベントを企画中。直近2年の教室レッスン参加者に先行案内予定です


2014年05月16日

あだちパンの大量パン焼きレッスン 2回目


今日は2カ月に1度のお楽しみと化している、あだちパンの大量パン焼きレッスンの日でした。
あだちパンのレッスンといえば、この大量のお持ち帰りパン!!

140516_AdachiPan1.jpg

(※真ん中の細長いパン、あと3本あったんですが、子どもと一緒に帰宅早々に食べてしまいました)

今日は食パン生地で3種類と、手ごねで作るベーグル、合わせて4種類のパン。

140516_AdachiPan2.jpg

ベーグルは、パネトーネマザー酵母使用。
さらに、甘酒入りです。
油脂、お砂糖は不使用。
あだち先生の、食感、香り、形、全てへのこだわりをじっくり教えてもらいました。
この形のポイントは、重なり部分のところ。
つるん、とつなぎ目のないただのドーナツ状にならないように、ちょっとひと工夫があるのです。
つやつやのベーグル〜。
ホントはもっと穴が小さいのが理想のフォルムなのですが、つい大きくなってしまいました。

140516_AdachiPan3.jpg

こちらは食パン生地で作ったスティック白パン。中にはホワイトチョコクリームと、クランベリーが入ってます。
これはやばい。ほっといたら何本でも食べちゃいそうな危険なパンです。
4本お持ち帰りしたのに、子ども達に速攻食べられ、残り1本に。
食べたい衝動が走りますが、夫のために、我慢!!

140516_AdachiPan5.jpg

こちらも食パン生地で。
ひき肉と野菜がたっぷりの、ミートパン。
具を包むやり方もあだち流。生地が上下左右均等な厚さになるよう、工夫があるのです。
この包み方はとても勉強になりました。

140516_AdachiPan4.jpg

そして、どど〜んと、1斤形で焼いた食パン。
ねじねじして型に入れて焼きました。
なんだかラクダのようになってしまいましたが・・・。
本当は、こんな感じに仕上がるのが理想なのですが。
まだまだですね。。。

食パンの成型も色々あって、それぞれどんな仕上がりになるのかも詳しく教えてもらいました。

小麦なし米粉パンとは作り方は全く違いますが、きめ細かくするためのポイントや、季節によっての調整方法などなど、とても参考になります。


小麦のパン作り、やっぱり楽しいですね。
米粉パンは成型という楽しみがなかなか持てないので、たまに小麦を触ると新鮮です。


成型といえば、先日、生徒さんから手ごねができるという、面白い米粉ミックスをもらいました。
たかい食品の「手もみ米粉パン」という商品。



以前この動画を見たことがあって、そのアバウトな作り方に


「・・・・。まじか?」



と衝撃を覚えたのですが、気になっていながらそういえばまだ試してませんでした。
今回せっかく頂いたので、試作はあだちパンでベーグルのレッスン受けてからにしよう、と思っておりまして。
形がベーグルっぽいので。
フライパンで焼くのが基本のようですが、やっぱりこれは、茹でてオーブンで焼きたい!!!

この週末でやってみようかな。


そうそう、今日のレッスンにはなんと、Kaori先生のスイーツレッスンを受けたことのある方がご一緒でした。
偶然の出会いに、びっくり&うれしくなってしまいました。


よその教室でのレッスン、勉強にもなるし、息抜きにもなるし、やっぱり楽しいですね。
何より、あだちさんの研究熱心さやこだわりが、やっぱり勉強になるし、刺激になります。
楽しいひと時を、ありがとうございました!!







posted by 多森 at 18:30| Comment(0) | 自分の勉強
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。