タモリサクミの米粉はロマン


★最近はInstagramのほうが中心になってます⇒IDは『@39mix』

★お知らせ★

7月&9月限定プライベートレッスンは全日程予約済となりました。

■「基礎パンクラス」「応用パンクラス1」は秋頃を予定しています。


2017年02月03日

フライパン焼き米粉ビスケット応用レシピ「ココアチョコチップ」


昨日のフォカッチャの応用レシピに続きまして、今日は、
『フライパンでできる 米粉のパンとおやつ』
の中から、「ビスケット」の応用レシピをご紹介したいと思います!

もとのレシピは、こちらの、
「レーズンとナッツのオートミールビスケット」

170127_OatmealBiscuits.jpg

これを、
「チョコチップ&ココアのオートミールビスケット」
にアレンジします!

170201_OatBis2.jpg

元のレシピに並んで、こちらもとってもおいしいです。

変更点は、
☆ナッツ&レーズン→チョコチップ30gに変更
☆Aにココアを10g追加。
☆豆乳を10g追加。


以上です!
豆乳の量は、使う米粉やオートミールの挽き方によって変わると思いますので、生地の固さをみながら調整してくださいね。
大豆NGの方は、少しモロモロするかもしれませんが、ライスミルク等で変更OKです。

170201_OatBis3.jpg

少し小さめに、7等分で焼きました。
焼き色が見えにくいので、うっかり焦がさないように気をつけてくださいね。
上面が蒸されてなくて生の状態でも、裏に焼き色がついたら、ひっくり返してOKです。

170201_OatBis4.jpg

見た目、ブラウニーみたいですね。
断面はこんな感じ。

170201_OatBis1.jpg

焼き目がサクッ!!
中は適度なしっとり感。
フライパンだからこその、このサク&しっとり食感を、是非体験していただきたい!!!
オートミールのおかげで、米粉のネトつきやモッチリ感もなく、ほろっと軽い口当たりです。

クオカの「【有機JAS】ダークチョコレートドロップ」を使いましたが、甘すぎなくてほんのりビターなのも良いです。
乳製品OKの方は、もちろん、スーパーで売ってるチョコチップでもいいですし、チョコチップなければ、板チョコを粗く刻んで使っても大丈夫だと思います。

ビスケットは、型なしでぽてっと落として焼くので、手作り感満載な形に仕上がるのがいいですよね。
生地の固さも、多少固めでも柔らかめでも、失敗することはないと思いますので、気軽に作ってみてくださいね。

バナナ生地の方も、同じようにココア生地にできると思います(未確認ですが、おそらく問題ないかと)。

紅茶やほうじ茶の茶葉とか、抹茶なんかも、フレイバーアレンジに良いと思います!
お砂糖を黒糖に替えたり。
玄米コーヒーあたりもおいしいに違いない。

オリジナルアレンジ、是非楽しんでください!!


▼多森の最新刊、早くも増刷になりました!▼


▼オーブンで焼くグルテンフリー菓子の本も好評です!▼







posted by 多森 at 00:14| Comment(0) | 本の応用レシピ

2017年02月01日

フライパン焼き米粉フォカッチャ応用レシピ「ハーフ&ハーフ」


170201_foca8.jpg

発売から今日でちょうど1週間がたちました!


フライパンでできる 米粉のパンとおやつ

なんと、早くも重版が決まりました。
お買い上げくださったみなさま、ありがとうございます!!

インスタグラムやFacebookなどで、「作りました!」と報告を頂くたびに、嬉しくて嬉しくて。
皆様、おいしくできてるでしょうか???

インスタグラムだと、 @39mix や #フライパンでできる米粉とパンのおやつ などのタグをつけて投稿されると、私にも見れるようになっているので、お知らせが来るたびに、「うわ〜、作ってくれている〜!!」と感動しています。
投稿にコメントしたい!!と思いながら、いきなり著者が書き込んできたら引いちゃうかも?と、何もメッセージを残せず…小心者の私です。
でも本当に嬉しく、皆様のお写真を拝見しております!!

そんな中、もしかしたら一番人気かも?
フライパンで型なしでそのまま、どどん!と焼く、フォカッチャ。
もしかしたら、基本のイングリッシュマフィンよりも、こちらから作っている方が多いのかも?
これは予想外でした!

ということで、フォカッチャの簡単アレンジをご紹介したいと思います!
生地に好きな具を混ぜちゃえば、あとは焼くだけで、アレンジは簡単なんですよ。

今日紹介するアレンジ例は、

「青のりコーン」
「黒ゴマとごろごろチーズ」

の2種類!
(※乳製品NGの方すいません!ベーコンやハムでもおいしいと思います☆)

170201_foca3.jpg

こんな感じで、おいしそうにできました〜!!

どっちも一度に食べたいという、欲張りなあなた。
ご安心ください。
今日はこれを、一度に2種類、焼いてしまいます!!
そう…。

「ハーフ&ハーフ」です!!!

フライパンにクッキングシートを敷いたら、真ん中にこんな感じで仕切りをたてます。

170201_foca5.jpg

仕切りは、紙飲料パックを細長くカットしたものに、フライパン用ホイル(シリコンコートされたホイル)を巻きつければOK。

生地のミキシングが終わったら、生地を半分に分けて、片方に、
「コーン60g」+「青のり小さじ1」
もう片方に、
「角切りしたチーズ70g」+「黒いりごま小さじ1」
を加えてそれぞれ軽く混ぜ混ぜ。フライパンに生地を流します。

170201_foca6.jpg

あとはレシピ通りに焼けばOKです。

発酵ですが、冬場なので時間がかかりますよね。
本で紹介した方法の他に、こんなやり方もあります。

170201_foca7.jpg

45Lごみ袋の中に、ふたをしたフライパンと、熱湯を入れた湯のみを2個入れます。
空気を少し入れてドーム状にして口をねじねじ。
簡易サウナみたいなイメージです。

そんなこんなで、発酵終了。

170201_foca8.jpg

片面が焼けたら、仕切りをとって、ひっくり返して下さい。
両面が焼けたら完成です〜。

170201_foca4.jpg

見た目はハーフ&ハーフじゃないですが(笑)。
どちらもおいしく焼けました〜。

青のりコーン。

170201_foca1.jpg

黒ゴマとごろごろチーズ。

170201_foca2.jpg

我が家の子ども達には、青のりコーンのほうが人気でした。
コーンの水分で、生地のジューシー感がアップしますね。
ゴロゴロチーズもおいしいですよ〜。ゴロゴロさせたいのでたっぷり入れましたが、そこまでがっつり入ってなくていいよ、という方はチーズ減らしちゃってください。
乳NGの方は、ベーコンやハム、ウインナーなんかもおいしいと思いますし、ごまオンリーでも充分おいしいですハート

ハーフ&ハーフにしない場合は、具を倍量にして、一枚で焼いてくださいね。

170201_foca3.jpg

お好みのドライハーブ、紅茶、ブラックペッパーなどでフレイバーをアレンジするのも良いですし、
具は、お好きなドライフルーツやナッツ、チョコチップ、枝豆や、小さく角切りにしたさつまいも(イモ類は軽く火を通したほうがいいかも)なんかもいいですよね。

こうなるともはや、フォカッチャではなく、鍋焼きパン、といった扱いとなっておりますが(笑)。

そうそう、インスタグラムで、完成したフォカッチャを横スライスして、サンドイッチにしてる方がいらっしゃいました!
お野菜たっぷりで、と〜〜〜〜ってもおいしそうでした!!!
→こちら

他にも、たくさんアレンジしてくださっていて、目からうろこ!!!
ピザまんや、自作フレイバー粉糖をまぶしたドーナッツなどなど、
センスのよさに、脱帽です!!
こんなに活用頂けるなんて、感激(泣)。

フライパンのお気軽レシピ、是非みなさま、たくさん作ってください(●´ω`●)ノ

インスタ投稿、こっそり見ていて、みなさますいません〜〜〜〜!!!!


▼多森の最新刊、早くも増刷になりました!▼


▼オーブンで焼くグルテンフリー菓子の本も好評です!▼







posted by 多森 at 21:29| Comment(0) | 本の応用レシピ